[税金]所得税法・法人税法等: 所得区分―一時所得

[税金]所得税法・法人税法等

サラリーマンから個人事業主・会社まで所得税・法人税等の確定申告の便覧に。税務ハンドブックとして税金対策にも役立ちます。

所得区分―一時所得

「所得区分―一時所得」カテゴリのコンテンツ

所得区分―一時所得」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 7 ページあります。

  1. 一時所得の定義

    一時所得とは 一時所得の定義・意味・意義 一時所得とは、次の4つの要件・条件を満たす所得をいいます。 他の8つの所得分類のどれにも該当しないこと(利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、退...
  2. 一時所得―具体例

    一時所得の具体例 所得税基本通達 所得税基本通達に、一時所得が例示されています。 所得税基本通達(一時所得の例示) 34-1 次に掲げるようなものに係る所得は、一時所得に該当する。 (1) 懸賞の賞金...
  3. 一時所得の具体例―満期保険金

    満期保険金の所得税法等税制上の取扱い 満期保険金とは、満期を迎えることで受け取れる保険金をいいます。 この満期保険金は、所得税と住民税の課税対象になる場合と、贈与税の課税対象になる場合とがあります。...
  4. 一時所得の具体例―満期返戻金

    満期返戻金とは 満期返戻金の定義・意味・意義 満期返戻金とは、損害保険契約などで、損害保険金が支払われる事態にならずに満期を迎えた場合に、契約者に戻されるお金のことをいいます。   ...
  5. 一時所得―具体例―その他問題となるもの(間違いやすいもの)

    一時所得に該当するか問題となるもの(間違いやすいもの) はじめに 一時所得の具体例については、所得税基本通達で例示されています。 一時所得の具体例 このページでは、それ以外で一時所得に該当するかどうか...
  6. 一時所得の金額

    一時所得の金額の計算方法 ここで計算された一時所得の金額の1/2が損益通算や損失の繰越控除を経て、総合課税され、総所得金額として課税標準(課税対象)となります。   一時所得の金額の特色・特...
  7. 一時所得の課税関係(課税方法・税額の計算方法・納税方法)

    概要・概略・サマリーここでは、一時所得に関する次の点がポイントとなります。一時所得の課税方法は一時所得の税額の計算方法は一時所得の納税の仕方は  1.一時所得の課税方法2分の1総合...


関連コンテンツ


「所得区分―一時所得」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「所得区分―一時所得」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー