[税金]所得税法・法人税法等: 計算の特例

[税金]所得税法・法人税法等

サラリーマンから個人事業主・会社まで所得税・法人税等の確定申告の便覧に。税務ハンドブックとして税金対策にも役立ちます。

計算の特例

「計算の特例」カテゴリのコンテンツ

計算の特例」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 3 ページあります。

  1. 収入金額の計算の特例―生命保険契約等に基づく年金等に係る所得の計算―年金の総額に代えて支払われる一時金

    死亡を年金給付事由とする生命保険契約等の給付事由が発生した場合で、その生命保険契約等に係る保険料または掛金がその死亡をした者によって負担されたものであるときにおいて、その生命保険契約等に基づく年金の受...
  2. 資産損失に関する特例―生活に通常必要でない資産の取扱い

    資産損失の特例―生活に通常必要でない資産の取扱い 資産について生じた損失は、資産損失として、損失が生じた年に必要経費に算入するのが原則です。   ただし、生活に通常必要でない資産については...
  3. 資産損失に関する特例―債権が回収不能の場合等の取扱い

    原則 資産損失は、必要経費に算入できるのが原則です。 債権の貸し倒れも損失のうちの一つとされています。 ただし、資産損失として、必要経費に算入できるものは、事業上の債権(事業を廃止した場合も含む)に限...


関連コンテンツ

「計算の特例」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「計算の特例」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー