[税金]所得税法・法人税法等: 課税要件―課税物件の帰属―所得の帰属

[税金]所得税法・法人税法等

サラリーマンから個人事業主・会社まで所得税・法人税等の確定申告の便覧に。税務ハンドブックとして税金対策にも役立ちます。

課税要件―課税物件の帰属―所得の帰属

「課税要件―課税物件の帰属―所得の帰属」のコンテンツ[全 2 件]

  1. 実質所得者課税の原則

    実質所得者課税の原則とは 実質所得者課税の原則の定義・意味・概念 実質所得者課税の原則とは、収益の帰属する者が法律上の単なる名義人であって、この者以外の者がその収益を享受する場合には、その収益はこれを...
  2. 実質所得者課税の原則―「収益を享受する者」の判断基準

    「収益を享受する者」の判断基準・判定基準・認定基準 実質所得者課税の原則は、課税対象である所得(正確には、所得の計算の基礎となる収益)の帰属、つまり、誰にその収益・所得が帰属するのか、に関する原則です...


関連コンテンツ


「課税要件―課税物件の帰属―所得の帰属」の位置づけ

現在のカテゴリ:「課税要件―課税物件の帰属―所得の帰属」の位置づけは以下のとおりです。

上のカテゴリ


前後のカテゴリ

プリバシーポリシー