[税金]所得税法・法人税法等: 社会保険料控除

[税金]所得税法・法人税法等

サラリーマンから個人事業主・会社まで所得税・法人税等の確定申告の便覧に。税務ハンドブックとして税金対策にも役立ちます。

社会保険料控除

「社会保険料控除」のコンテンツ[全 6 件]

  1. 社会保険料控除

    社会保険料控除とは 社会保険料控除の定義・意味・意義 社会保険料控除とは、納税者が、その年において、自己または自己と生計を一にする親族が負担すべき社会保険料を支払った場合、または給与から控除される場合...
  2. 社会保険料控除―要件―社会保険料

    社会保険料控除の要件―社会保険料 社会保険料控除は、納税者が、その年において、自己または自己と生計を一にする親族が負担すべき社会保険料を支払った場合、または給与から控除される場合に、適用されます。  ...
  3. 社会保険料控除―要件―社会保険料―任意継続健康保険料

    任意継続とは、会社を退職して健康保険の被保険者の資格を喪失したときでも、本人が希望すれば、一定の条件のもと、その後最長2年間は在職中に加入していた(つまり、元の会社の)健康保険の被保険者になることができる制度をいう。任意継続健康保険料は社会保険料控除の対象となる。
  4. 社会保険料控除―要件―社会保険料―任意継続保険料―所得税法上の取り扱い―社会保険料控除の手続き

    任意継続保険料は社会保険料控除の対象である。したがって、任意継続に加入して任意継続保険料を納付した場合、1月以降に納付した金額の全額を社会保険料控除として申告することができる。退職後会社に勤めていない場合は自分で確定申告をする必要がある。再就職をして現在は会社勤務をしている場合は、任意継続保険料は年末調整で行う所得控除の対象になるので、年末調整で申告する。なお、確定申告または年末調整のいずれの手続きによるにしても、領収書や納付証明書の添付は不要である。
  5. 社会保険料控除―要件―社会保険料―国民年金基金

    国民年金基金とは国民年金基金の定義・意味・意義国民年金基金とは、自営業者が加入できる任意加入の私的年金の一種です。ただし、その運営は、厚生大臣(当時)の認可を受けた公的な法人が行っています。 ...
  6. 社会保険料控除―効果―控除額

    社会保険料控除の控除額 支払った社会保険料の全額 社会保険料控除の控除額は、その年においてその支払った社会保険料の金額、または給料から控除された社会保険料の金額のそのまま全額です。  ...


関連コンテンツ



「社会保険料控除」の位置づけ

現在のカテゴリ:「社会保険料控除」の位置づけは以下のとおりです。

上のカテゴリ


前後のカテゴリ

プリバシーポリシー