登録免許税 - [税金]所得税法・法人税法等

[税金]所得税法・法人税法等

サラリーマンから個人事業主・会社まで所得税・法人税等の確定申告の便覧に。税務ハンドブックとして税金対策にも役立ちます。



登録免許税

登録免許税とは

登録免許税の定義・意味・意義

登録免許税とは、不動産、船舶、会社、人の資格などについての登記や登録、特許、免許、許可、認可、認定、指定及び技能証明について課される税金です。

登録免許税法
(課の範囲)
第二条  登録免許税は、別表第一に掲げる登記、登録、特許、免許、許可、認可、認定、指定及び技能証明(以下「登記等」という。)について課する。

登録免許税の範囲・具体例

登記

不動産登記や商業登記など、登記を受ける者は、登録免許税を納付しなければなりません。

  • 不動産登記
  • 商業登記

登録免許税の根拠法令・法的根拠・条文など

登録免許税法

登録免許税の位置づけ・体系

国税・間接

登録免許税は、国税で、間接に位置づけられます。

登録免許税の

税率
原則:定額 例外:定率

登録免許税は原則として定額課で、1件について確定した額で定められています。

例外的に、課税標準(登録免許税額の算定基準となる数値)の金額(=課税標準金額)に一定の税率を乗じて額を算出する方法がとられている場合もあります。

登録免許税法別表第一

具体的な登録免許税額については、登録免許税法別表第一に一覧表のかたちで定められています。



| 現在のカテゴリ:登録免許税 |

現在のカテゴリ:登録免許税

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 2 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「登録免許税」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 登録免許税
  2. 登録免許税―納税―納付

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:登録免許税 の位置づけ

現在のカテゴリ:「登録免許税」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー