WEBNOTE -

[税金]所得税法・法人税法等

個人事業主からサラリーマンまで所得税の確定申告の便覧に。税務ハンドブック的なサイトを目指しています。税金対策に!また、税理士の受験科目は5科目、合格率は10~20%と難易度は高いのですが、科目合格制度のため転職を考えている人には最適の資格です。専門学校生から独学の方まで勉強の一助として。試験問題(過去問)をベースに重要テーマ毎に必須知識を厳選。

法人税額の計算方法―法人税の税率―実効税率

実効税率とは(法人税率実効税率との違い)

実効税率の定義・意味・意義

法人税率とは、法人税の税率です。

これに対して、実効税率とは、国税である法人税だけでなく、地方税である法人住民税と法人事業も含めた、法人に課されるすべての税金の総合的な率をいいます。

 

実効税率の算定・算出・計算方法

実効税率の計算式・公式

法人税と住人損金不算入であるのに対し、事業だけは損金算入が認められています。

そのため、実効税率を計算するには、単に法人税法人住民税・法人事業率を足し合わせるだけではいけません。

若干面倒ですが、実効税率は次の計算式・公式で算定・算出します。

実効税率={法人税率 ✕(1 + 住民率)+事業率}÷(1+事業率)

 

実効税率は会社の規模と利益により異なりますが、資本金1億円以下の中小企業であれば、約40%くらいになるとよく言われていますので、この数字を目安にしたらいいでしょう。

 



プリバシーポリシーサイトマップ