法人税額の計算方法―法人税の税率―実効税率 - [税金]所得税法・法人税法等

[税金]所得税法・法人税法等

サラリーマンから個人事業主・会社まで所得税・法人税等の確定申告の便覧に。税務ハンドブックとして税金対策にも役立ちます。

法人税額の計算方法―法人税の税率―実効税率

実効税率とは(法人税率実効税率との違い)

実効税率の定義・意味・意義

法人税率とは、法人税税率です。

これに対して、実効税率とは、国税である法人税だけでなく、地方税である法人住民税法人事業税も含めた、法人に課されるすべての税金の総合的な税率をいいます。

 

実効税率の算定・算出・計算方法

実効税率の計算式・公式

法人税と住人損金不算入であるのに対し、事業税だけは損金算入が認められています。

そのため、実効税率を計算するには、単に法人税法人住民税法人事業税税率を足し合わせるだけではいけません。

若干面倒ですが、実効税率は次の計算式・公式で算定・算出します。

実効税率={法人税率 ✕(1 + 住民税率)+事業税率}÷(1+事業税率)

 

実効税率は会社の規模と利益により異なりますが、資本金1億円以下の中小企業であれば、約40%くらいになるとよく言われていますので、この数字を目安にしたらいいでしょう。

 

| 現在のカテゴリ:法人税額の計算方法 |

プリバシーポリシーサイトマップ