法人事業税 - [税金]所得税法・法人税法等

[税金]所得税法・法人税法等

サラリーマンから個人事業主・会社まで所得税・法人税等の確定申告の便覧に。税務ハンドブックとして税金対策にも役立ちます。

法人事業税



法人事業税とは

法人事業税の定義・意味など

法人事業税(ほうじんじぎょうぜい)とは、会社に対して課される事業税(都道府県民)をいう。

法人事業税の対象

法人事業税の対象者

法人事業税は、都道府県に事務所・事業所、または国内に恒久的施設を有する法人で、事業を行うものに対して課される。

法人事業税の目的・役割・意義・機能・作用など

法人事業税は、法人が都道府県から受けるサービスのための負担費と考えられる。

法人事業税の位置づけ・体系(上位概念)

会社が納める税金

会社は、たとえば次のように、いくつかの税金を納める義務があり、法人事業税もそのうちのひとつである。

次のページも参照。

会社が納める税金 - 手続き・申請・届出・内容証明郵便など法律問題その他事務手順

法人事業税の根拠法令

地方税

法人事業税は、地方税に基づく。

法人事業税の計算

法人事業税の計算に必要な税率は各地方公共団体ごとに定められている。

詳細については次のページを参照。

法人事業税の計算

法人事業税の申告・納の手続き

法人事業税は法人住民税とあわせて申告することになっており、その申告・納の時期は各地方公共団体ごとに定められている。



| 現在のカテゴリ:法人事業税 |

現在のカテゴリ:法人事業税

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 2 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「法人事業税」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 法人事業税
  2. 法人事業税―計算



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:法人事業税 の位置づけ

現在のカテゴリ:「法人事業税」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー