生命保険金に税金はかかる?―相続税の課税対象 - [税金]所得税法・法人税法等

[税金]所得税法・法人税法等

サラリーマンから個人事業主・会社まで所得税・法人税等の確定申告の便覧に。税務ハンドブックとして税金対策にも役立ちます。


生命保険金に税金はかかる?―相続税の課税対象


相続税課税対象

非課限度額

生命保険金を受け取った場合、税金がかかる場合があります。

たとえば、被相続人が、生前、自分を被保険者とした生命保険に加入し、保険料を負担していたが、死亡により相続人が生命保険金を受け取った場合は、相続税課税対象となります。

生命保険金に税金はかかる?

ただし、相続税の場合、 相続された生命保険金については、次の算式によって計算した金額(非課限度額といいます)については、課されません。

この非課限度額を超える金額が相続税課税対象となります。

非課限度額=500万円×法定相続人の数

なお、個人年金受給権を相続した相続人は、毎年年金として生命保険金を受給します。

このうち、相続税課税対象となった部分については、所得税雑所得)の課税対象になりません。

次のページを参照してください。

個人年金の所得税法等税制上の取扱い―個人年金が所得税の課税対象にならない場合

各相続人一人ひとりに課される金額

各相続人一人ひとりに課される金額は、次の算式によって計算した金額となります。

各相続人一人ひとりに課される金額=その相続人が受け取った生命保険金の金額-非課限度額×その相続人が受け取った生命保険金の金額/すべての相続人が受け取った生命保険金の金額



| 現在のカテゴリ:生命保険金 |

現在のカテゴリ:生命保険金

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 2 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「生命保険金」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 生命保険金に税金はかかる?
  2. 生命保険金に税金はかかる?―相続税の課税対象



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:生命保険金 の位置づけ

現在のカテゴリ:「生命保険金」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー