課税物件(課税対象・課税客体・課税財産) - [税金]所得税法・法人税法等

[税金]所得税法・法人税法等

サラリーマンから個人事業主・会社まで所得税・法人税等の確定申告の便覧に。税務ハンドブックとして税金対策にも役立ちます。

課税物件(課税対象・課税客体・課税財産)



課税物件とは

課税物件の定義・意味など

課税物件(かぜいぶっけん)とは、各租税で課の対象となる物・行為・事実をいう。

課税物件の別名・別称・通称など

課税客体・課税対象・課税財産

課税物件は法令により次のとおり呼び名が異なる場合があるが、要は、何に対して税金をかけるかという課の対象を意味していることにかわりはない。

課税物件の具体例

課税物件の目的・役割・意義・機能・作用など

納税義務者担税力の指標

課税物件は、納税義務者担税力の指標を示す。

平凡社 『世界大百科事典』

課税物件の位置づけ・体系(上位概念等)

課税要件

課税物件は課税要件のひとつである。

課税要件とは、租税法律関係における法律要件をいい、その法律効果として課税物件が帰属する納税義務者に納義務が発生する。

一般的な課税要件としては次のようなものがある。



| 現在のカテゴリ:課税要件―課税物件(課税対象) |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 1 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「課税要件―課税物件(課税対象)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 課税物件(課税対象・課税客体・課税財産)



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:課税要件―課税物件(課税対象) の位置づけ

現在のカテゴリ:「課税要件―課税物件(課税対象)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー