満期保険金に税金はかかる?―贈与税の課税対象 - [税金]所得税法・法人税法等

[税金]所得税法・法人税法等

サラリーマンから個人事業主・会社まで所得税・法人税等の確定申告の便覧に。税務ハンドブックとして税金対策にも役立ちます。


満期保険金に税金はかかる?―贈与税の課税対象


贈与税課税対象

満期保険金贈与税が課される場合

満期保険金で、保険料を支払った人と保険金を受け取った人が同じ場合には、所得税住民税課税対象になります。

一時所得の具体例―満期保険金

しかし、保険料を支払った人と保険金を受け取った人が異なる場合には、保険料の負担者から保険金の受取人に対して、贈与があったものとみなされます。

このため、保険金の受取人に対して、贈与税が課されることになります。

基礎控除額

ただし、贈与税にも、相続税と同様、110万円の基礎控除額があります。

したがって、110万円以下であれば、税金がかからず、確定申告をする必要はありません。

税金

110万円を超える場合は、税金がかかり、確定申告をする必要があります。

税金の額は、110万円を超えた金額に贈与税税率をかけて、算出します。

贈与税の課税方法―暦年課税―贈与税の課税対象と税額の計算方法

なお、100万円を超える保険金の支払いについては、保険会社から務署に連絡がいくようになっています。

申告漏れがないよう注意しましょう。



| 現在のカテゴリ:満期保険金 |

現在のカテゴリ:満期保険金

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 2 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「満期保険金」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 満期保険金に税金はかかる?
  2. 満期保険金に税金はかかる?―贈与税の課税対象


関連コンテンツ


現在のカテゴリ:満期保険金 の位置づけ

現在のカテゴリ:「満期保険金」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー