所得税法上の納税義務者―法人―外国法人 - [税金]所得税法・法人税法等

[税金]所得税法・法人税法等

サラリーマンから個人事業主・会社まで所得税・法人税等の確定申告の便覧に。税務ハンドブックとして税金対策にも役立ちます。


所得税法上の納税義務者―法人―外国法人


外国法人とは

外国法人の定義・意味・意義

外国法人とは、内国法人以外の法人をいいます。

所得税法
(定義)
第二条 この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

外国法人 内国法人以外の法人をいう。

外国法人の位置づけ・体系(所得税法上の取り扱い)

納税義務者

所得税法上の納税義務者は原則として個人ですが、法人も例外として納税義務者となる場合があります。

法人は、内国法人と外国法人とに区分・分類されています。

  1. 内国法人
  2. 外国法人

そして、この区分に応じて所得税課税対象となる所得課税所得の範囲が異なってきます。

次のページを参照してください。

課税所得の範囲―法人



| 現在のカテゴリ:課税要件―納税義務者 |

現在のカテゴリ:課税要件―納税義務者

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 7 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「課税要件―納税義務者」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 所得税法上の納税義務者
  2. 所得税法上の納税義務者―個人―居住者
  3. 所得税法上の納税義務者―個人―居住者―永住者
  4. 所得税法上の納税義務者―個人―居住者―非永住者
  5. 所得税法上の納税義務者―個人―非居住者
  6. 所得税法上の納税義務者―法人―内国法人
  7. 所得税法上の納税義務者―法人―外国法人



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:課税要件―納税義務者 の位置づけ

現在のカテゴリ:「課税要件―納税義務者」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー