所得 - [税金]所得税法・法人税法等

[税金]所得税法・法人税法等

サラリーマンから個人事業主・会社まで所得税・法人税等の確定申告の便覧に。税務ハンドブックとして税金対策にも役立ちます。

所得



所得とは

所得の定義・意味・意義

所得とは、務上の用語で、所得税法人税などの課税対象をいいます。

所得金額の計算式

所得税法

所得税法上、所得は10種類に分類されていますが、それぞれの所得金額は基本的には次の計算式で算定・算出されます。

所得金額収入金額必要経費

法人税法

法人税法上の所得金額は次の計算式で算定・算出されます。

所得金額益金損金

なお、特に法人税法上の所得概念は、収益から費用を差し引いた額である会計上(決算書上)の利益と対比するかたちで論じられる場合も多いです。

会計上の利益=収益-費用
務上の所得=(会計上の収益+申告調整)-(会計上の費用+申告調整)=益金損金

所得の範囲

課税対象となる所得の範囲については、いくつか学説があります。

この点、日本の法は包括的所得概念の考え方を採用しているといわれています。




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 2 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「課税要件―課税物件(課税対象)―所得」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 所得
  2. 所得―範囲―包括的所得概念


関連コンテンツ


現在のカテゴリ:課税要件―課税物件(課税対象)―所得 の位置づけ

現在のカテゴリ:「課税要件―課税物件(課税対象)―所得」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー