必要経費―家内労働者等の場合―所得税法上の取り扱い - [税金]所得税法・法人税法等

[税金]所得税法・法人税法等

サラリーマンから個人事業主・会社まで所得税・法人税等の確定申告の便覧に。税務ハンドブックとして税金対策にも役立ちます。



必要経費―家内労働者等の場合―所得税法上の取り扱い

家内労働者等の事業所得等の所得計算の特例

家内労働者等とは

ここにいう家内労働者等とは、家内労働者、外交員、集金人、電力量計の検針員等のことです。

家内労働者等も、一般の給与所得者と同じように、特定の者に対して継続的に労働力の提供を行うことを業としています。

家内労働者等の所得税法上の取り扱い

必要経費算入

家内労働者等が事業所得、または雑所得がある場合、65万円(収入金額が65万円未満の場合は収入金額までの金額)を必要経費として控除します。

これは、アルバイト・パートによる給与所得者について認められている給与所得控除額の最低控除額(65万円)とのバランスを考慮して、設けられている制度です。



| 現在のカテゴリ:必要経費の計算―各論―その他 |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 1 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「必要経費の計算―各論―その他」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 必要経費―家内労働者等の場合―所得税法上の取り扱い

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:必要経費の計算―各論―その他 の位置づけ

現在のカテゴリ:「必要経費の計算―各論―その他」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー