[税金]所得税法・法人税法等: 必要経費の計算―総論―必要経費不算入等の場合

[税金]所得税法・法人税法等

サラリーマンから個人事業主・会社まで所得税・法人税等の確定申告の便覧に。税務ハンドブックとして税金対策にも役立ちます。



必要経費の計算―総論―必要経費不算入等の場合

「必要経費の計算―総論―必要経費不算入等の場合」カテゴリのコンテンツ

必要経費の計算―総論―必要経費不算入等の場合」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 17 ページあります。

  1. 必要経費算入の制限規定

    必要経費算入の制限規定 はじめに 事業に必要な経費であれば、必要経費として、収入金額から控除できるのが原則です。 しかし、所得税法は、一定の支出については、例外的に、必要経費への算入を制限しています。...
  2. 必要経費算入の制限規定―家事関連費・租税公課等

    所得税法が規定する家事関連費・租税公課等の必要経費不算入の規定 所得税法は、一定の支出の必要経費算入を制限しています。 大別すると、次の2つがあります。 家事関連費・租税公課等(所得税法第45条) 生...
  3. 必要経費算入の制限規定―家事関連費・租税公課等―家事費・家事関連費等

    家事費や家事関連費の所得税法上の取り扱い 家事費や家事関連費の必要経費不算入または制限 事業に必要な経費であれば、必要経費として、収入金額から控除できるのが原則です。 しかし、所得税法は、家事費と家事...
  4. 必要経費算入の制限規定―家事関連費・租税公課等―家事費・家事関連費等―家事費

    家事費とは 家事費の定義・意味・意義 家事費とは、所得税法上(つまり、個人事業主の経理において)、「家事上の経費」で、事業に関係はなく必要経費とはならない費用をいいます。 つまり、自分や家族の、いわゆ...
  5. 必要経費算入の制限規定―家事関連費・租税公課等―家事費・家事関連費等―家事関連費

    家事関連費とは 家事関連費の定義・意味・意義 家事費は「家事上の経費」、つまり、自分や家族の、いわゆる生活費をいいます。 これに対して、家事関連費とは、個人の業務において、一つの支出が家事上と業務上の...
  6. 必要経費算入の制限規定―家事関連費・租税公課等―家事費・家事関連費等―家事関連費―例外―必要経費となる家事関連費

    家事関連費を必要経費に算入できる場合 概要・概略・あらまし 家事関連費は、基本的には所得の処分と考えられますので、必要経費として控除することはできないのが原則です。 ただし、家事関連費には業務・仕事で...
  7. 必要経費算入の制限規定―家事関連費・租税公課等―租税公課

    必要経費算入の可否 所得税法は、一定の租税公課については、必要経費算入を制限しています。 必要経費算入不可 次に掲げる租税公課は、必要経費に算入できません。 個人を対象として課税される租税公課罰課金(...
  8. 必要経費算入の制限規定―家事関連費・租税公課等―租税公課―必要経費算入不可―利子税

    必要経費とされない所得税に係る利子税とその例外 解説 利子税とは 利子税とは、延納等を納税者が希望し、法定納期限までに納付しない措置をとった場合に負担する本税以外の税金のことで、いわば税金の利子。 罰...
  9. 必要経費算入の制限規定―家事関連費・租税公課等―租税公課―必要経費算入不可―罰課金(罰科金)

    罰課金とは 罰課金の定義・意味・意義 罰課金とは、金銭的制裁である①国税や地方税による延滞税・延滞金や加算税・加算金②刑事法または行政法による罰金・科料・過料③特別法による課徴金・延滞金等の総称です。...
  10. 必要経費算入の制限規定―家事関連費・租税公課等―租税公課―必要経費算入不可―罰課金(罰科金)―反則金(交通反則金)

    駐車違反などによる反則金は、必要経費に算入できない。ただし、警察が駐車違反をした車をレッカー車で移動したために別途費用がかかった場合、その費用は反則金・罰金として課されたものではないので、必要経費に算入できる。
  11. 必要経費算入の制限規定―家事関連費・租税公課等―租税公課―必要経費算入不可―罰課金(罰科金)―損害賠償金

    損害賠償金とは 損害賠償金の定義・意味・意義 損害賠償金とは、故意または過失により他人の権利を侵害したことにより生じた損害を賠償(補填)するために支払う金銭をいいます。   損害賠償金の範囲・具体例 ...
  12. 必要経費算入の制限規定―家事関連費・租税公課等―租税公課―必要経費算入可―固定資産税

    (複製)固定資産税とは、保有する固定資産について、毎年課税される市町村民税をいい、その対象には、不動産(土地・家屋)と有形償却資産がある。納税義務者は、毎年1月1日現在の固定資産の所有者である。固定資産税は、原則として、必要経費算入(所得税法上)・損金算入(法人税法上)が認められている。
  13. 必要経費算入の制限規定―家族経営の場合―生計を一にする親族が事業から受ける対価

    生計を一にする親族に支払う必要経費の特例 必要経費の原則 所得税の課税対象は所得です。 すなわち、税金は、収入(収入金額)に対してかかります。 しかし、収入を得るために必要な費用である必要経費があれば...
  14. 必要経費算入の制限規定―家族経営の場合―生計を一にする親族が事業から受ける対価―特例

    生計を一にする親族に支払う給料、賃借料、借入金等の利子などの必要経費不算入等の制度 制度の内容・概要 所得税法56条は、事業主が、生計を一にする親族・家族に、通常であれば、必要経費に算入できるような支...
  15. 必要経費算入の制限規定―家族経営の場合―生計を一にする親族が事業から受ける対価―例外―青色事業専従者給与(青色申告者の場合)

    青色事業専従者給与とは 青色事業専従者給与の定義・意味・意義 給料は原則として必要経費に参入できます。 しかし、個人事業においては、事業主の親族に支払った給料は、原則として必要経費に算入できないという...
  16. 必要経費算入の制限規定―家族経営の場合―生計を一にする親族が事業から受ける対価―例外―事業専従者控除(白色申告者の場合)

    事業専従者控除とは 事業専従者控除の定義・意味・意義 事業主が、同一生計の親族に給料を支払っても、その事業主の事業所得等の金額の計算上必要経費には算入できないのが原則です。 必要経費不算入―親族が事業...
  17. 必要経費算入の制限規定―有限責任事業組合の事業に係る組合員の事業所得等の所得計算の特例

    有限責任事業組合の事業から生じる組合員個人に帰属する特定の損失 条文・法令等 有限責任事業組合契約に関する法律第三条第一項に規定する有限責任事業組合契約を締結している組合員である個人が、 各年におい...



関連コンテンツ



「必要経費の計算―総論―必要経費不算入等の場合」の位置づけ

現在のカテゴリ:「必要経費の計算―総論―必要経費不算入等の場合」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー