[税金]所得税法・法人税法等: 必要経費の計算―各論―資産損失

[税金]所得税法・法人税法等

サラリーマンから個人事業主・会社まで所得税・法人税等の確定申告の便覧に。税務ハンドブックとして税金対策にも役立ちます。



必要経費の計算―各論―資産損失

「必要経費の計算―各論―資産損失」カテゴリのコンテンツ

必要経費の計算―各論―資産損失」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 14 ページあります。

  1. 資産損失

    資産損失とは 資産損失の定義・意味・意義 資産損失とは、文字どおり、資産について生じた損失のことです。 所得税法では、個人が所有する多種多様な資産に損失が生じた場合、その損失のうち特定の資産損失につい...
  2. 資産損失―対象

    資産損失の対象 資産損失の対象となる所得 資産損失の制度の対象となる所得区分(所得分類)には制限があり、次の4つの所得に限定されている。 不動産所得事業所得山林所得雑所得 資産損失の対象となる損失 資...
  3. 資産損失―対象―資産損失の対象となる損失

    資産損失の制度の対象となる損失の分類 はじめに 資産について生じた損失のうち、特定の資産損失については、所得税法上特別な取り扱いがなされています。 すなわち、その損失の金額を必要経費に算入できるように...
  4. 資産損失―対象―資産損失の対象となる損失―具体例―事業用固定資産

    資産損失の範囲―事業用資産 所得税法では、個人の所有する資産に係る損失については、その対象となる資産の種類や用途、損失の発生原因などの違いにより、その取扱いが異なっています。 事業資産の取りこわしなど...
  5. 資産損失―対象―資産損失の対象となる損失―具体例―事業用繰延資産

    資産損失の範囲―事業用繰延資産 所得税法では、個人の所有する資産に係る損失については、その対象となる資産の種類や用途、損失の発生原因などの違いにより、その取扱いが異なっています。 不動産所得・事業所得...
  6. 資産損失―対象―資産損失の対象となる損失―具体例―棚卸資産の損失

    棚卸資産の損失 所得税法では、個人の所有する資産に係る損失については、その対象となる資産の種類や用途、損失の発生原因などの違いにより、その取扱いが異なっています。 棚卸資産に発生した損失も、必要経費に...
  7. 資産損失―対象―資産損失の対象となる損失―具体例―山林の損失

    山林の損失 所得税法では、個人の所有する資産に係る損失については、その対象となる資産の種類や用途、損失の発生原因などの違いにより、その取扱いが異なっています。 山林に発生した特定の損失も、必要経費に算...
  8. 資産損失―対象―資産損失の対象となる損失―具体例―業務用資産

    資産損失の範囲―業務用資産 所得税法では、個人の所有する資産に係る損失については、その対象となる資産の種類や用途、損失の発生原因などの違いにより、その取扱いが異なっています。 事業用以外の業務用資産に...
  9. 資産損失―対象―資産損失の対象となる損失―具体例―生活に通常必要でない資産の災害等による損失

    生活に通常必要でない資産の災害等による損失の取り扱い 所得税法では、個人の所有する資産に係る損失については、その対象となる資産の種類や用途、損失の発生原因などの違いにより、その取扱いが異なっています。...
  10. 資産損失―対象―資産損失の対象となる損失―具体例―不動産貸し付けについて

    不動産所得に関する資産損失の取り扱い 不動産所得の資産損失の取り扱いについては、当該不動産が事業用資産と業務用資産かによって異なっています。 事業として不動産を貸付けている場合(不動産の貸付けが事業的...
  11. 資産損失―対象―資産損失の対象となる損失―具体例―事業上の債権の損失

    事業上の債権の損失 所得税法では、個人の所有する資産に係る損失については、その対象となる資産の種類や用途、損失の発生原因などの違いにより、その取扱いが異なっています。 事業上の債権の損失も、必要経費に...
  12. 資産損失―対象―資産損失の対象となる損失―具体例―事業上の債権の損失―貸倒れの認定基準と貸倒損失額

    貸倒れの認定基準と貸倒損失額 事業上の債権に貸倒れなどを原因として損失が発生した場合、一定の基準を満たせば、損失の一定額を必要経費に算入できます。 所得税基本通達に、貸倒れの認定基準と貸倒損失額につい...
  13. 資産損失―対象―資産損失の対象となる損失―具体例―事業上の債権の損失―貸倒れの認定基準と貸倒損失額―一定期間取引停止後弁済がない場合

    一定期間取引停止後弁済がない場合等の貸倒れの認定基準と貸倒損失額 事業上の債権に貸倒れなどを原因として損失が発生した場合、一定の基準を満たせば、損失の一定額を必要経費に算入できます。 その貸倒れの認定...
  14. 資産損失―計算方法(必要経費に算入できる資産損失の金額)

    必要経費に算入できる資産損失の金額の算定・算出・計算方法 個人が所有する多種多様な資産に損失が生じた場合、所得税法は、その損失のうち特定の資産損失についてはこれを必要経費に算入できるとし、所得税の負担...



関連コンテンツ



「必要経費の計算―各論―資産損失」の位置づけ

現在のカテゴリ:「必要経費の計算―各論―資産損失」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー