5分5乗方式 - [税金]所得税法・法人税法等

[税金]所得税法・法人税法等

サラリーマンから個人事業主・会社まで所得税・法人税等の確定申告の便覧に。税務ハンドブックとして税金対策にも役立ちます。


5分5乗方式


5分5乗方式とは

5分5乗方式の定義・意味

5分5乗方式とは、山林所得一時所得のような所得について、その課税所得の金額を5等分し、その5分の1の額に対する税率を適用して額を計算したうえ、その額を5倍して納額を算出するという税額の計算方式をいいます。

つまり、実際には1年間で取得した所得であっても、これを5年にわたって均等に取得したと仮定し、この場合に適用される税率を適用するわけなので、税率が低くなるわけです。

5分5乗方式の目的・趣旨

5分5乗方式は、累進課超過累進税率)の例外として、山林所得一時所得のような所得については、これが一時に実現する臨時的な所得であるという質的担税力を考慮して、累進税率適用の緩和を図る目的で採用されています。



| 現在のカテゴリ:所得税用語辞典 |

現在のカテゴリ:所得税用語辞典

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 5 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「所得税用語辞典」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 公社債
  2. 固定資産
  3. 5分5乗方式
  4. 生計を一にする
  5. 預貯金



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:所得税用語辞典 の位置づけ

現在のカテゴリ:「所得税用語辞典」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー