配偶者控除 - [税金]所得税法・法人税法等

[税金]所得税法・法人税法等

サラリーマンから個人事業主・会社まで所得税・法人税等の確定申告の便覧に。税務ハンドブックとして税金対策にも役立ちます。


配偶者控除


配偶者控除とは

配偶者控除の定義・意味・意義

所得税額は、課税標準総所得金額等)から各種所得控除をした後の課税所得金額税率を掛けることで計算されます。

このうち、配偶者控除とは、例えば、妻などの控除対象配偶者がある場合に、所得控除して(差し引いて)課されないものをいいます。

よく主婦がパートをする場合など、「103万円の壁」といったことが言われますが、この壁が配偶者控除のことです。

つまり、妻がパートで働いている場合、その収入が一定限度(=103万円)を超えると、夫は所得税の配偶者控除が受けられなくなるわけです。

なお、103万円の壁税金に関することであるのに対し、第2の壁である「130万円の壁」は社会保険料に関することになります。

配偶者控除の位置づけ・上位概念

個人的事情の考慮や社会政策上の要請から、課税標準からさらに所定の金額を控除し、その残額である課税所得金額税率が適用される制度を所得控除といいますが、所得控除には14種類の控除があります。

配偶者控除は、この所得控除のうちのひとつです。

配偶者控除の趣旨・目的・機能

最低生活費の配慮から認められている制度です。



| 現在のカテゴリ:配偶者控除 |

現在のカテゴリ:配偶者控除

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 6 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「配偶者控除」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 配偶者控除
  2. 配偶者控除―要件―控除対象配偶者
  3. 配偶者控除―要件―控除対象配偶者―判断基準時・判断の時期
  4. 配偶者控除―要件―控除対象配偶者―範囲
  5. 配偶者控除―要件―控除対象配偶者―103万円の壁
  6. 配偶者控除―効果―控除額



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:配偶者控除 の位置づけ

現在のカテゴリ:「配偶者控除」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー