確定申告―確定申告を間違った場合―納める税金が少なすぎた場合 - [税金]所得税法・法人税法等

[税金]所得税法・法人税法等

サラリーマンから個人事業主・会社まで所得税・法人税等の確定申告の便覧に。税務ハンドブックとして税金対策にも役立ちます。


確定申告―確定申告を間違った場合―納める税金が少なすぎた場合


確定申告を間違った場合―納める税金が少なすぎた場合の手続き

納める税金が少なすぎた場合、または還付される税金が多すぎた場合には、その内容を訂正する方法として次の2つの方法があります。

つまり、自主的に修正するか、あるいは強制的に更正を受けるかということです。

1.修正申告

修正申告とは

修正申告とは、納める税金が少なすぎた場合、または還付される税金が多すぎた場合に、内容を訂正するための申告のことです。

修正申告の詳細については次のページを 参照してください。

修正申告とは

2.務署長による申告額の更正

務署長は、務調査により、課税標準額を更正することができます。

更生(更正処分)とは




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 12 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「確定申告―確定所得申告―イレギュラーな場合」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 確定申告―確定申告を遅れて行う場合―期限後申告
  2. 確定申告―確定申告を遅れて行う場合―期限後申告のデメリット
  3. 確定申告―災害等による期限の延長―確定申告書の提出の期限の延長
  4. 確定申告―災害等による期限の延長―確定申告書の提出の期限の延長―手続き―所得税の申告等の期限延長申請手続
  5. 確定申告―納税の猶予
  6. 確定申告―納税の猶予―相当な損失を受けた場合の納税の猶予
  7. 確定申告―確定申告を間違った場合
  8. 確定申告―確定申告を間違った場合―納める税金が少なすぎた場合
  9. 確定申告―確定申告を間違った場合―納める税金が少なすぎた場合―修正申告
  10. 確定申告―確定申告を間違った場合―納める税金が少なすぎた場合―修正申告―手続き
  11. 確定申告―確定申告を間違った場合―納める税金が少なすぎた場合―更生
  12. 確定申告―確定申告を間違った場合―納める税金が多すぎた場合―更正の請求



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:確定申告―確定所得申告―イレギュラーな場合 の位置づけ

現在のカテゴリ:「確定申告―確定所得申告―イレギュラーな場合」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー