確定申告―災害等による期限の延長―確定申告書の提出の期限の延長―手続き―所得税の申告等の期限延長申請手続 - [税金]所得税法・法人税法等

[税金]所得税法・法人税法等

サラリーマンから個人事業主・会社まで所得税・法人税等の確定申告の便覧に。税務ハンドブックとして税金対策にも役立ちます。


確定申告―災害等による期限の延長―確定申告書の提出の期限の延長―手続き―所得税の申告等の期限延長申請手続


確定申告書の提出期限の延長の手続き―所得税の申告等の期限延長申請手続

概要・概略・全体像

一般に、災害などの理由で、期限までに申告や納付などができない場合に、務署長に申請し、承認を受けることにより、その理由のやんだ日から2カ月以内の範囲で、期限を延長することができるという制度があります。

災害等による期限の延長とは

たとえば、確定申告期限は、翌年の2月16日から3月15日までの間です。

しかし、災害などの理由で、確定申告期限までに確定申告ができない場合には、この制度を利用することで、確定申告書の提出期限の延長が認められることになります。

そのための手続きのことを、「所得税の申告等の期限延長申請手続」といいます。

このページでは、この手続きの手順・方法・仕方についてまとめてみます。

申請方法

務署長に、「所得税の申告等の期限延長申請書」という所定の申請書を、持参または送付により提出し、承認を受けることで、その理由がやんだ日から2カ月以内の範囲で、確定申告期限を延長することができます。

申請書の提出時期

やむを得ない理由がやんだ後、相当の期間内に提出することとなっています。

申請書の提出先

地を所轄する務署長

必要書類

申請書

申請は、次の所定の書式・様式で行います。

  • 所得税の申告等の期限延長申請書

様式・書式は、国税庁のホームページからダウンロードすることもできます。




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 12 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「確定申告―確定所得申告―イレギュラーな場合」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 確定申告―確定申告を遅れて行う場合―期限後申告
  2. 確定申告―確定申告を遅れて行う場合―期限後申告のデメリット
  3. 確定申告―災害等による期限の延長―確定申告書の提出の期限の延長
  4. 確定申告―災害等による期限の延長―確定申告書の提出の期限の延長―手続き―所得税の申告等の期限延長申請手続
  5. 確定申告―納税の猶予
  6. 確定申告―納税の猶予―相当な損失を受けた場合の納税の猶予
  7. 確定申告―確定申告を間違った場合
  8. 確定申告―確定申告を間違った場合―納める税金が少なすぎた場合
  9. 確定申告―確定申告を間違った場合―納める税金が少なすぎた場合―修正申告
  10. 確定申告―確定申告を間違った場合―納める税金が少なすぎた場合―修正申告―手続き
  11. 確定申告―確定申告を間違った場合―納める税金が少なすぎた場合―更生
  12. 確定申告―確定申告を間違った場合―納める税金が多すぎた場合―更正の請求



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:確定申告―確定所得申告―イレギュラーな場合 の位置づけ

現在のカテゴリ:「確定申告―確定所得申告―イレギュラーな場合」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー