贈与税の申告・納付 - [税金]所得税法・法人税法等

[税金]所得税法・法人税法等

サラリーマンから個人事業主・会社まで所得税・法人税等の確定申告の便覧に。税務ハンドブックとして税金対策にも役立ちます。


贈与税の申告・納付


贈与税の申告・納付の手続き・手順・方法・仕方

贈与税納税義務者は、贈与を受けた人(贈与によって財産を取得した人)です。

贈与税とは

そして、贈与税については、所得税法人税消費税相続税などと同様、申告納税方式が採用されています。

申告納税方式とは、納者が法にしたがって額を計算し、申告することで納額が確定する納方式のことで、その具体的な手続きが、あの確定申告です。

なお、申告納税方式に対して、務署などが額を決定して納者に通知する方法を、賦課課税方式といいます。賦課課税方式には、住民税(個人)、事業税(個人)、固定資産税不動産取得税自動車税などがあります。

したがって、贈与を受けた人は、贈与を受けた年の翌年2月1日から3月15日までに、贈与税の申告・納付をすることになります。

贈与税確定申告期限は、所得税確定申告期限(翌年2月16日から3月15日まで)とは若干異なることになります。



| 現在のカテゴリ:贈与税の申告と納税 |

現在のカテゴリ:贈与税の申告と納税

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 1 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「贈与税の申告と納税」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 贈与税の申告・納付


関連コンテンツ


現在のカテゴリ:贈与税の申告と納税 の位置づけ

現在のカテゴリ:「贈与税の申告と納税」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー