確定申告の具体事例―株式投資―源泉徴収ありの特定口座を選択した場合 - [税金]所得税法・法人税法等

[税金]所得税法・法人税法等

サラリーマンから個人事業主・会社まで所得税・法人税等の確定申告の便覧に。税務ハンドブックとして税金対策にも役立ちます。


確定申告の具体事例―株式投資―源泉徴収ありの特定口座を選択した場合


源泉徴収ありの特定口座とは

源泉徴収ありの特定口座とは、証券会社が源泉徴収を行なう特定口座のことをいいます。

確定申告の要否

原則

源泉徴収ありの特定口座では、売却のたびに証券会社が売却益を計算して源泉徴収をして税金を納めてくれるので、基本的には確定申告する必要がありません

例外

確定申告をする義務はないのですが、次の場合には、確定申告をすることで節をすることができます。

  1. 年間で通算した場合の売却益が20万円以下の場合
  2. 年間の取引がトータルで損をした場合

1.年間で通算した場合の売却益が20万円以下の場合

年間で通算した場合の売却益が20万円以下の場合には、税金を支払う必要がありませんので、確定申告をすることで源泉徴収された分が還付されます。

2.年間の取引がトータルで損をした場合

年間の取引がトータルで損をした場合は、確定申告をすることで、損失を3年間繰り越して、翌年以降の利益から差し引くことができます。




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 15 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「確定申告―確定所得申告―具体事例」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 確定申告の具体事例―サラリーマン―確定申告の必要―原則不要
  2. 確定申告の具体事例―サラリーマン―確定申告の方法・仕方・手続き・手順
  3. 確定申告の具体事例―サラリーマン―確定申告の必要―例外(確定申告する場合)
  4. 確定申告の具体事例―サラリーマン―確定申告の必要―例外(確定申告する場合)―中途退職者
  5. 確定申告の具体事例―サラリーマン―確定申告の必要―例外(確定申告する場合)―中途退職者―確定申告の方法・仕方・手続き・手順―注意点・ポイント
  6. 確定申告の具体事例―年金受給者―確定申告の必要
  7. 確定申告の具体事例―年金受給者―所得税額の算定・算出・計算方法
  8. 確定申告の具体事例―年金受給者―所得税額の算定・算出・計算方法―公的年金等の源泉徴収票
  9. 確定申告の具体事例―雑所得―確定申告の方法・仕方・手続き・手順
  10. 確定申告の具体事例―株式投資―概要・全体像①―税金の種類と納税方法
  11. 確定申告の具体事例―株式投資―概要・全体像②―確定申告をする場合
  12. 確定申告の具体事例―株式投資―一般口座を選択した場合
  13. 確定申告の具体事例―株式投資―源泉徴収ありの特定口座を選択した場合
  14. 確定申告の具体事例―株式投資―源泉徴収なしの特定口座を選択した場合
  15. 確定申告の具体事例―赤字の所得がある場合―翌年へ繰り越す場合



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:確定申告―確定所得申告―具体事例 の位置づけ

現在のカテゴリ:「確定申告―確定所得申告―具体事例」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー