事業所得の金額 - [税金]所得税法・法人税法等

[税金]所得税法・法人税法等

サラリーマンから個人事業主・会社まで所得税・法人税等の確定申告の便覧に。税務ハンドブックとして税金対策にも役立ちます。

事業所得の金額



事業所得の金額の計算方法

事業所得の金額の計算式・公式

事業所得の金額、つまり、所得税課税対象となる金額(課税標準)は、その年中の事業所得に係る総収入金額から必要経費を控除した金額となります。

青色申告者は、この金額からさらに青色申告特別控除額を控除することができます。

事業所得の金額=総収入金額必要経費青色申告特別控除

総収入金額

1.収入時期
原則

事業所得総収入金額収入時期については、原則どおり、権利確定主義が採用されています。

したがって、たとえば、売掛金のようにまだ入金していないものについても総収入金額として計算します。

事業所得の総収入金額の収入時期の原則

例外

事業所得の総収入金額の収入時期の例外

2.収入金額
例外

事業所得の総収入金額の金額の例外

必要経費

事業所得必要経費には、売上原価、その年分の販売費、一般管理費、その他事業所得を生ずべき業務について生じた費用などがあります。

事業所得必要経費のポイントについては、次のページを参照してください。

事業所得における必要経費のポイント・注意点



| 現在のカテゴリ:所得区分―事業所得 |

現在のカテゴリ:所得区分―事業所得

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 10 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「所得区分―事業所得」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 事業所得の定義
  2. 事業所得の範囲
  3. 事業所得の具体例
  4. 事業所得の金額
  5. 事業所得の金額―総収入金額―時期―原則
  6. 事業所得の金額―総収入金額―金額―例外
  7. 事業所得の金額―必要経費―ポイント
  8. 事業所得の金額―所得の年度帰属(収入の帰属時期と費用の帰属時期)―例外
  9. 事業所得の課税関係(課税方法・税額の計算方法・納税方法)―原則―総合課税
  10. 事業所得の課税関係(課税方法・税額の計算方法・納税方法)―例外―申告分離課税



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:所得区分―事業所得 の位置づけ

現在のカテゴリ:「所得区分―事業所得」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー