雑所得―具体例―FX(外国為替証拠金取引) - [税金]所得税法・法人税法等

[税金]所得税法・法人税法等

サラリーマンから個人事業主・会社まで所得税・法人税等の確定申告の便覧に。税務ハンドブックとして税金対策にも役立ちます。


雑所得―具体例―FX(外国為替証拠金取引)


FXとは

FXの定義・意味・意義

いわゆるFXとは、金融派生商品(デリバティブ)の一つで、通貨の売買を行なって利益を得ようとする取引をいいます。

正式名称は、外国為替証拠金取引といいます。

FXの所得税法制上の取り扱い

所得税法
雑所得

FXを個人として、しかも事業として行なっていない場合、所得税法上、その利益は雑所得として取り扱われます。

事業として行なう場合は事業所得となります。

雑所得となった場合は、必要経費は計上できません。

また、他の所得で赤字があっても、損益通算をすることができません。

さらに、雑所得では、繰越控除も認められていません。

したがって、FXが前年度に大幅な赤字が出ていても、今年度が黒字なら、そのまま課されます。

なお、これに対して、株式や投資信託については、損益通算をすることも、また、損失の繰越控除も認められています。

法人税法

会社として法人名義の口座でFXを行っていれば、 法人税法が適用されます。

したがって、経費を計上することはもちろんのこと、他の損益と通算したり、損失も繰り越すことができます。



| 現在のカテゴリ:所得区分―雑所得 |

現在のカテゴリ:所得区分―雑所得

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 15 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「所得区分―雑所得」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 雑所得
  2. 雑所得―分類
  3. 雑所得―具体例
  4. 雑所得―具体例―年金
  5. 雑所得―具体例―年金―公的年金等
  6. 雑所得―具体例―年金―私的年金
  7. 雑所得―具体例―年金―私的年金―個人年金―所得税法等税制上の取り扱い―原則
  8. 雑所得―具体例―年金―私的年金―個人年金―所得税法等税制上の取り扱い―例外
  9. 雑所得―具体例―年金―私的年金―個人年金―所得税法等税制上の取り扱い―例外―手続き
  10. 雑所得―具体例―FX(外国為替証拠金取引)
  11. 雑所得―金額
  12. 雑所得―金額―公的年金等
  13. 雑所得―金額―公的年金等―公的年金等控除
  14. 雑所得―金額―デメリット(雑所得と事業所得の金額の計算方法の違い)
  15. 雑所得―課税関係(課税方法・税額の計算方法・納税方法)



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:所得区分―雑所得 の位置づけ

現在のカテゴリ:「所得区分―雑所得」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー