源泉徴収―事務―給与所得―毎月―源泉徴収税額がない場合 - [税金]所得税法・法人税法等

[税金]所得税法・法人税法等

サラリーマンから個人事業主・会社まで所得税・法人税等の確定申告の便覧に。税務ハンドブックとして税金対策にも役立ちます。

源泉徴収―事務―給与所得―毎月―源泉徴収税額がない場合



源泉徴収税額がない場合

給料の月額が一定未満の場合、源泉徴収税額は0円となります

給与所得は、源泉徴収の対象となります。

手続的には、源泉徴収義務者が「給与所得の源泉徴収税額表」を適用して求めた額を源泉徴収することになります。

給与所得の源泉徴収税額の計算方法等

しかし、「給与所得の源泉徴収税額表」では、社会保険料等控除後の給与等の月額が一定額未満の場合、源泉徴収する額は0円とされています。

たとえば、平成22年4月現在では、8万8千円未満となっています。

つまり、これは、給与等の月額が一定額未満であれば、源泉徴収する必要はないということを意味します。

 

給料を支払うということは、源泉徴収義務が発生するということです。

毎月源泉徴収したうえ、所定の書類を作成・添付(「給与所得退職所得所得税徴収高計算書」)して、納付するという手続きは、個人事業主や零細会社には煩雑です。

そこで、源泉徴収した所得税を年2回にまとめて納付できるという「納期の特例」などの制度が認められているわけです。

しかし、源泉徴収税額が0円となるような給料設定にしておけば、そもそも源泉徴収・納付する必要さえなくなるということになります。

 

源泉徴収事務は

ただし、納付額がない場合であっても、「所得税徴収高計算書」は、これを作成して、納付期限までに務署へ郵送または持参する必要はあります。

したがって、先の「納期の特例」 制度の適用を受けておけばいいでしょう。

これにより、源泉徴収事務としては、最低限、年2回「所得税徴収高計算書」を提出するだけですむようになります。

 



| 現在のカテゴリ:源泉徴収 |

現在のカテゴリ:源泉徴収

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 36 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「源泉徴収」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 源泉徴収
  2. 源泉徴収―源泉所得税(源泉税)
  3. 源泉徴収―対象者ー源泉徴収義務者
  4. 源泉徴収―対象所得ー源泉徴収の対象となる所得
  5. 源泉徴収―対象所得ー源泉徴収の対象となる所得―報酬・料金等
  6. 源泉徴収―対象所得ー源泉徴収の対象となる所得―報酬・料金等―一定の専門家に支払う報酬・料金等(特定の資格を持つ人などに支払う報酬・料金等)
  7. 源泉徴収―対象所得―確定申告など他制度との関係
  8. 源泉徴収―時期
  9. 源泉徴収―時期―納付―例外①―納期の特例
  10. 源泉徴収―時期―納付―例外②―納期限の特例
  11. 源泉徴収―事務―利子所得―源泉徴収税額の計算
  12. 源泉徴収―事務―配当所得
  13. 源泉徴収―事務―給与所得
  14. 源泉徴収―事務―給与所得―毎月
  15. 源泉徴収―事務―給与所得―毎月―②源泉徴収税額
  16. 源泉徴収―事務―給与所得―毎月―②源泉徴収税額―計算
  17. 源泉徴収―事務―給与所得―毎月―②源泉徴収税額―計算ー給与所得の源泉徴収税額表(源泉徴収税額表・税額表)
  18. 源泉徴収―事務―給与所得―毎月―③源泉徴収簿(所得税源泉徴収簿 給与所得・退職所得に対する所得税源泉徴収簿)
  19. 源泉徴収―事務―給与所得―毎月―③源泉徴収簿(所得税源泉徴収簿 給与所得・退職所得に対する所得税源泉徴収簿)―記載事項
  20. 源泉徴収―事務―給与所得―毎月―③源泉徴収簿(所得税源泉徴収簿 給与所得・退職所得に対する所得税源泉徴収簿)―書き方
  21. 源泉徴収―事務―給与所得―毎月―④納付
  22. 源泉徴収―事務―給与所得―毎月―④納付―所得税徴収高計算書
  23. 源泉徴収―事務―給与所得―毎月―④納付―所得税徴収高計算書―給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書
  24. 源泉徴収―事務―給与所得―毎月―④納付―所得税徴収高計算書―給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書―①作成・提出
  25. 源泉徴収―事務―給与所得―毎月―④納付―所得税徴収高計算書―給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書―①作成・提出―書き方
  26. 源泉徴収―事務―給与所得―毎月―④納付―所得税徴収高計算書―給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書―①作成・提出―e-Taxソフト(電子申請・オンライン申請)による作成・提出方法
  27. 源泉徴収―事務―給与所得―毎月―④納付―所得税徴収高計算書―給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書―②納税―電子納税
  28. 源泉徴収―事務―給与所得―毎月―源泉徴収税額がない場合
  29. 源泉徴収―事務―退職所得
  30. 源泉徴収―事務―報酬・料金等
  31. 源泉徴収―事務―雑所得―公的年金等
  32. 源泉徴収―事務―雑所得―公的年金等―源泉徴収事務―公的年金等の受給者の扶養親族等申告書
  33. 源泉徴収―事務―雑所得―公的年金等―源泉徴収事務―公的年金等の受給者の扶養親族等申告書―提出手続き
  34. 法定調書の作成と提出・交付―法定調書
  35. 法定調書の作成と提出・交付―法定調書―源泉徴収票
  36. 法定調書の作成と提出・交付―法定調書―支払調書



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:源泉徴収 の位置づけ

現在のカテゴリ:「源泉徴収」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー