所得―非課税所得 - [税金]所得税法・法人税法等

[税金]所得税法・法人税法等

サラリーマンから個人事業主・会社まで所得税・法人税等の確定申告の便覧に。税務ハンドブックとして税金対策にも役立ちます。



所得―非課税所得

非課税所得とは

非課税所得の定義・意味・概念

所得税は、個人の1暦年のすべての所得に対して課されるのが原則です。

しかし、社会政策的考慮、担税力の調整の見地から、課税対象とすることが適当ではない所得については、所得税課税対象から外されています。

これを非課税所得といいます。

非課税所得の根拠法令・法的根拠・条文など

非課税所得については、所得税法租税特別措置法に定められているほか、その他法以外の法律、たとえば、健康保険法や厚生年金保険法などにも数多く定められています。

非課税所得は、これらの法律や条約等に規定されているものに限られています。

非課税所得の分類・種類

非課税所得は上記各法令で多数列挙されており、その範囲は非常に広いものですが、次のような観点から分類することができます。

非課とされる趣旨による分類については次のページを参照してください。

非課税所得―趣旨別分類

また、法以外の法律で非課税所得とされているものについては次のページを参照してください。

税法以外の法律により非課税所得とされているもの

非課税所得の手続き

非課税所得は、課上当初よりその所得がなかったものとして取り扱われ、非課とするには、原則として申告などの手続きは不要です。




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 21 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「課税要件―課税物件(課税対象)―所得」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 所得
  2. 所得―課税所得
  3. 所得―課税所得―課税所得の範囲―個人
  4. 所得―課税所得―課税所得の範囲―法人
  5. 所得―非課税所得
  6. 所得―非課税所得―趣旨別分類
  7. 所得―非課税所得―所得区分別分類―利子所得に関するもの
  8. 所得―非課税所得―所得区分別分類―利子所得に関するもの―障害者等の非課税貯蓄制度
  9. 所得―非課税所得―所得区分別分類―利子所得に関するもの―勤労者財産形成貯蓄制度
  10. 所得―非課税所得―所得区分別分類―給与所得に関するもの
  11. 所得―非課税所得―所得区分別分類―給与所得に関するもの―出張旅費等―出張手当(出張日当)
  12. 所得―非課税所得―所得区分別分類―給与所得に関するもの―通勤手当
  13. 所得―非課税所得―所得区分別分類―給与所得に関するもの―食事代
  14. 所得―非課税所得―所得区分別分類―譲渡所得に関するもの
  15. 所得―非課税所得―所得区分別分類―一時所得・雑所得に関するもの―概要・全体像
  16. 所得―非課税所得―所得区分別分類―一時所得・雑所得に関するもの―相続等により取得するもの
  17. 所得―非課税所得―所得区分別分類―一時所得・雑所得に関するもの―健康保険の各種保険給付
  18. 所得―非課税所得―所得区分別分類―一時所得・雑所得に関するもの―保険金・損害賠償金等
  19. 所得―非課税所得―所得区分別分類―一時所得・雑所得に関するもの―保険金・損害賠償金等―心身に加えられた損害
  20. 所得―非課税所得―所得区分別分類―一時所得・雑所得に関するもの―保険金・損害賠償金等―資産に加えられた損害
  21. 所得―非課税所得―税法以外の法律により非課税所得とされているもの


関連コンテンツ

現在のカテゴリ:課税要件―課税物件(課税対象)―所得 の位置づけ

現在のカテゴリ:「課税要件―課税物件(課税対象)―所得」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー