配当所得の課税関係(課税方法・税額の計算方法・納税方法) - [税金]所得税法・法人税法等

[税金]所得税法・法人税法等

サラリーマンから個人事業主・会社まで所得税・法人税等の確定申告の便覧に。税務ハンドブックとして税金対策にも役立ちます。


配当所得の課税関係(課税方法・税額の計算方法・納税方法)


原則

配当所得は、原則として総合課税の対象となります(課税方法)。

したがって、税額計算では、超過累進税率が適用されます(税額の計算方法)。

ただし、配当所得は、利子所得の場合と同様、一律に20%が源泉徴収されます。

そこで、確定申告をして調整します(納方法)。

配当所得の課税方法・税額の計算方法・納税方法―①原則

例外

配当所得の課税関係については、租税特別措置法に、次のような、重要なさまざまな例外規定があります。



| 現在のカテゴリ:所得区分―配当所得 |

現在のカテゴリ:所得区分―配当所得

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 13 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「所得区分―配当所得」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 配当所得の定義―通常の配当所得
  2. 配当所得の定義 ―みなし配当
  3. 配当所得の範囲
  4. 配当所得の金額
  5. 配当所得の課税関係(課税方法・税額の計算方法・納税方法)
  6. 配当所得の課税関係(課税方法・税額の計算方法・納税方法)―原則―総合課税で確定申告
  7. 配当所得の課税関係(課税方法・税額の計算方法・納税方法)―例外―確定申告不要(実質的な源泉分離課税)
  8. 配当所得の課税関係(課税方法・税額の計算方法・納税方法)―例外―申告分離課税
  9. 配当所得の課税関係(課税方法・税額の計算方法・納税方法)―例外―源泉分離課税
  10. 配当所得の具体例―株式の配当
  11. 配当所得の具体例―株式の配当―課税関係①―総合課税で確定申告
  12. 配当所得の具体例―株式の配当―課税関係②―確定申告不要の源泉分離課税
  13. 配当所得の具体例―株式の配当―課税関係③―申告分離課税で確定申告



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:所得区分―配当所得 の位置づけ

現在のカテゴリ:「所得区分―配当所得」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー